2009年02月22日

『HIGH SCHOOL MUSICAL THE MOVIE』 感想。

本・漫画ではありませんが…
しっかり恋愛要素は含んでいる作品ですw
ブログの趣旨は、上にあるとおり「趣味に走る」ですので、ご了承願います><。

とにかく、みてきました、「ハイスクールミュージカル」!!
もともとこの作品を知ったのがつい最近、12月頃、英語の授業で見たのがきっかけで。
まさか「3」(実質三回目なのです)をやるとは思っても見ませんでしたので、すっごく興奮しました笑
即、見たいと言っている友達に、「一緒に行かせて!!」と懇願したのですw
続きを読む
posted by 聖火 at 23:17| Comment(0) | 感想記事全て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「空色勾玉」ラジオドラマ再放送

なんと、「空色勾玉」のラジオドラマが、
NHK・FMで再放送するそうです!!
なんでも、1989に放送されたものだとか。
三部作にはまってからいろいろ調べて、ラジオドラマの存在を知ったものの、当時……私、生まれてませんでした…><。
録音なんてされているわけもなく、もう聞くことはできないのだと、泣く泣く諦めたのです…2年ほど前のこと。
それがまさか!こんなかたちで成就するなんて!!再放送なんてハナから諦めていたのに……!!
喜びで昇天しそうですv笑
ちなみにスケジュールは以下の通りです。



FM開局40周年記念アンコール放送
『空色勾玉』(再)(全10回)

<放送予定日>
2009年3月2日(月)〜3月6日(金) 22:45〜23:00(1-5回)
2009年3月9日(月)〜3月13日(金) 22:45〜23:00(6-10回)


勾玉ファンの方々のご感想をお聞きすると、なんだか微妙な部分もあるそうで、、
一時昇天するほど喜んだ私でもちょっと悩みましたが…(今後の二次に影響しないかな…><。)、…聞いてみることにしました。
みすみす逃してたまるか!という気持ちが勝ちました…w
深く囚われないことを願いつつ、聞きますw


ラジオドラマ感想1へ
posted by 聖火 at 22:47| Comment(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

薄紅天女


<あらすじ>
内容(「BOOK」データベースより)
東の坂東の地で、阿高と、同い年の叔父藤太は双子のように十七まで育った。だがある夜、蝦夷たちが来て阿高に告げた…あなたは私たちの巫子、明るい火の女神の生まれ変わりだ、と。母の面影に惹かれ蝦夷の国へ向かう阿高を、藤太と仲間たちは必死で追う。そして「私は阿高を捜しに来た」と語り、追跡に加わる都の少将坂上田村麻呂の真意は…?一方西の長岡の都では、物の怪が跳梁し、皇太子安殿皇子が病んでいた。兄を救いたいと思いつめた十五歳の皇女苑上は、少年の姿をとって「都に近づく更なる災厄」に立ち向かおうとするが…?巫女の力を受けつぎ勾玉を輝かせる「闇の末裔」の少年と、「輝の末裔」の皇女の運命の出会いと、神代の「力」の最後の火花とをきらびやかに描き出す、待望の「勾玉」三部作完結編。   (amazon.co.jpより)


上記にあるように、「空色勾玉」「白鳥異伝」に続く勾玉三部作の最終作品。本の帯の言葉を借りるなら、『最後の勾玉の物語』ですv(白鳥異伝を読めば分かるはずw)

続きを読む
posted by 聖火 at 00:28| Comment(0) | 感想記事全て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

白鳥異伝


<あらすじ>
(「BOOK」データベースより)
遠子(とおこ)と小倶那(おぐな)は双子のように育った。都に出る日、小倶那は誓った…必ず遠子のもとに帰ると。けれども小倶那は「大蛇の剣」の主として帰り、遠子の郷をその剣で焼き滅ぼしてしまった…。「小倶那はタケルじゃ、忌むべき者じゃ」大巫女の託宣を胸に、何者にも死をもたらすという伝説の勾玉の首飾りを求めて旅立つ遠子。だが、ついに再び会う日が来たとき、遠子の目に映った小倶那の姿は…?神代から伝えられた「力」をめぐって、「輝」の未裔、「闇」の未裔の人々の選択を描く、ヤマトタケル伝説を下敷きにした壮大なファンタジー。(amazon.co.jpより)


空色勾玉に引き続き、三部作の二作目です。


続きを読む
posted by 聖火 at 23:10| Comment(0) | 感想記事全て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

荻原規子最新作。

RDG、二巻は6月上旬に刊行予定だそうですv
まだ感想upできておらず申し訳ありません;
が、一巻は簡潔に言うと、実は「あぁ、導入だな」って感じの感想を持っていたので、次をとても期待していたのですv
一巻は7月に刊行されていたのでほぼ一年ぶりだそうでw
ご本人様もちょっと気にしてらっしゃいました。
私としては読めるのなら一年くらい待つのは平気なんですが←
でもやはり早く読めたほうが嬉しいけれど(優柔不断ですみません;)。
こういう続きものの本とかって、最低でもどれくらいのサイクルまでならOKなんでしょうね?変な疑問かな…
とにかく、6月に楽しみがあるおかげで、学年末もなんとか乗り切れそうですw



posted by 聖火 at 23:56| Comment(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作者名一覧

・青木裕子(あおきゆうこ)
  −「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」シリーズ
・上橋菜穂子(うえはしなほこ)
  −狐笛のかなた
荻原規子(おぎわらのりこ)
  −空色勾玉
  −白鳥異伝
  −薄紅天女
  −RDG はじめてのお使い  −RDG はじめてのお化粧
・谷瑞恵(たにみずえ)
  −「伯爵と妖精」シリーズ
・清家未森(せいけみもり)
  −「身代わり伯爵」シリーズ
・響野夏菜(ひびきのかな)
  −「鳥籠の王女と教育係」シリーズ
posted by 聖火 at 00:50| Comment(0) | 作者名一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。