2009年09月10日

鳥籠 婚約者からの贈りもの

あらすじは総ページでご覧ください♪


良かったですv

かかった呪いを、あらすじやら、webコバルトの作品紹介で知ったとき、半分ふざけたコメディなのかな?と思いながら読み始めたのですが……全くの間違いでした。
“魔法”の存在は、至って真面目で恐ろしいものでした。
かつてカエルにしてしまった8人の死を、痛々しいほどしっかり受け止めているエルレイン。小さい頃から、城を出たら死ぬと言われて育ってきたために、夢の中でさえ、城から出たことはなくて…。
それから、教育係兼魔法使いのゼルイークも、魔法には厳しくて(いや、もちろんほかのことに対してもかなりドギツイですがw)。
エルレインの婚約者アレクセルも…また、何と言いますか…すごい人です。いろんな意味で。
この3人が凄まじすぎて、一番まともなオルフェリア(エルレインの親友・幼馴染み・男勝りの近衛隊長)が何となく、影が薄くなってしまっていて…そこだけは、ちょっと残念です。
あんなに優しくて、カッコ可愛い女の子が親友なんて、エルレインが羨ましいですv(笑)


お話としては…(ネタバレ含みます)

第一声ですけど……エルレインはどっちとくっつくんだろう……←
表紙・題からみても、魔法使いゼルイークのはずだけど…エリアルダの筆頭魔法使いが、はたしてその王孫子殿下の婚約者とくっつくのは無理があるような気がして…切ないです><。
しかもゼルイークの本心は皮肉のせいで見えず、エルレインを、果たして本当に未来のエリアルダ妃として見ているのか、それとも本当はそうしたくないのかすら分からないので、
エルレインが彼に徐々に惹かれていくのを(本人はあんまり自覚ないみたいですが)見ているだけなのは本当に切ないです…;;
個人的には、エルレインをアレクセルにやるのはもったいない(←酷い)気がして…どうにも…。
第一、オルフェリアの言うとおり、並んで見栄えするのは間違いないですけど、……性格は合わないですよね←とどめ。
アレクセルも、1巻読む限りでは頼りなげ(それどころかほんとにおバカさんなので、ヒーローとしてはあやしいかも…いい人なのは確かだけど…【伏せ字】)なので……今後、成長するんでしょうけど;
馬車の中でのやりとりで、知らず期待していたのがエルレインの本当の気持ちな気がするんですよね…。ゼルイークが疲れたように言った言葉も、彼の本心な気がするし…だとしたら切なすぎます><

だからラストの、空の上でのあの展開は、思わずキャーキャー言いそうになりました(笑)
というか“エルレイン”の名前の意味、素敵すぎるvvお母様万歳!!w
(エルレインはエル=レインで、「魔法のとりこ」。または、“エル”を「恵み」ととると、「魔法の恵み」=「月光」と解釈して、「月光がとりこにするような守りを与えよ」という願いがこもっているんだそうですv【伏せ字】)
それにちなんだふたりの約束もロマンチックでした。やっぱりお似合いなのになぁ、このふたり…。
あともうひとつ、この巻の見所といえばワルツですよねv
挿絵最高でしたv
本当にゼルイークはエルレインのこと何とも思ってないのかなぁ…?−ー;
posted by 聖火 at 15:19| Comment(0) | 感想記事全て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。