2009年08月22日

身代わり伯爵の結婚

<あらすじ>
庶民的パン屋の看板娘、ミレーユ。双子の兄の予測不可能な行動のせいで、またも『身代わり伯爵』として登城することに!そんな彼女に、隣国の女公爵(特技:呪詛返し)との結婚話が舞いこんだ。彼女いない歴16年なのに(ちなみに16歳)!というか、そもそも女なのに!!さらには再び陰謀の予感が…?かくして、『身代わり伯爵』の笑いと涙の冒険がはじまる!!奇人変人美形筋肉増量中、超王道王宮ファンタジー第2弾。

                      amazon.co.jp


『身代わり伯爵』シリーズ、第二弾!!(*^▽^*)相変わらずの面白さです!!今回は、明記するまではネタバレに気をつけて、紹介文目指そうと思います☆(笑)

あらすじは上記の通り…
なのですが、
今回初登場の、コンフィールド公国のお姫様のシルフレイアは、
「呪詛返し」が得意とか書いてありますけど、送られてくる呪いを燃やして、呪いを返しているシーンが出てくるくらいなので、そんなに呪いがメインの怖い姫ではなかったです。
怖い話が大好きで、城の心霊スポット巡っちゃうような、変わったところはあるものの、ミステリアスで無表情で童顔の、でもふつうの十八才の女の子でした。
セシリアさまの方が、別の意味で怖いんじゃないかと…(笑)
それから、もう一人、白百合騎士団の副長、カイン・ゼルフィード子爵が、初登場☆
彼を見たミレーユ…。
「まずいわよ。白百合騎士団、すごくまずいわ。……まともなのって、リヒャルトしかいないじゃない。…」……びくびくしてます。
猫とたわむれる、霊感の強い子爵さまで、リヒャルト曰く、
「……彼は人の顔を区別するのにその人に憑いている守護霊で判断しているらしいので。…」ちなみにミレーユのことは「クリスティーヌの宿主殿」とか呼んでます…^^;
あと、コンフィールドの魔女・ルーディも出てきます。
金髪で巨乳、派手な美貌で口が悪い人なんですが…まあネタバレなので多くは言いません(笑)
この人もいい味出してますね〜!今後重要になってきますね、たぶん(笑)
リヒャルトに言い寄るし、しかも彼の昔なじみなので、読者的には「何なの?」と思うんですけど(ミレーユはまだ無自覚なので、あんまりそういう風には気にしてないみたいですが)、でも憎めない人でした。

さて、今回注目すべきは…フレッドの活躍だと思います!
前回は後半で出てきて、物語の黒幕的な役割だった彼ですが…今回も、出番はあまりないのは相変わらずなのに、初っぱなからいろんなところで騒動の種を蒔き散らしておいてくれてます…(ミレーユ、もしや彼が養子に出されるまでも、相当苦労したのでは…)^^;
作者の清家さんは、彼を「自分勝手な」をテーマに書いていて、もしうざいと思わなかったら白薔薇乙女の会の会員資格があるとかおっしゃってましたけど(笑)いや…でも実際、フレッドを本気でうざいと思う人って少ないんじゃないでしょうか?
現にリヒャルトの親友ですし、いろんな人から信頼されてますしね、彼。ああみえていい人…なんです…よね……?(笑)
あ、それからもちろん、主役ふたりの恋愛も、うっすら進展…してるのかな??(・・?)
今回はハプニングといいますか、すれ違いを乗り越えて、ちょっと前進したかんじかなと思いますが…。相変わらずお互いににぶすぎて(特にミレーユ…)、じれじれした恋愛模様で楽しませてもらいました*^v^*

そうそう、第二王子のヴィルフリート様のイメージが、今回がらりと変わりました。
まさか「着ぐるみ(ネタバレのため伏せ字)好き」とは思いませんでした…それで奇人変人のフレッドの好敵手っていうのには妙に納得しましたが;(笑)
彼も今回、大活躍でした!!
それからセシリア様のツンデレぶり&暴走ぶりも相変わらずでした。

ではここから、ネタバレありの感想語りにさせていただきます☆未読の方はご注意くださいm(_ _)m

私が今回、特に面白かったのは、ジークさんの「『間男』と呼ぶことにしよう」という台詞でした!(笑)
いつもいつもふざけてばっかりの皇太子殿下には、毎度毎度笑わせてもらってますw
彼も絶対、エドゥアルト同様、女性に虐げられて喜ぶタイプの男だと思うのですが…女王が治めているリゼランドならともかくも、国王がいらっしゃるアルテマリスの王家筋が、どうしてこういうタイプの男性ばっかりなのか謎ですね…(笑)
あ、でもフレッドは絶対違いますね。むしろ、セシリア様からかって遊んでますし…彼らはお似合いだと思うのですが…^^;
あ、それから、
『白薔薇乙女の会』に乗り込んでいって、心に痛手を負った(?)ミレーユとリヒャルトの、暗室でのやりとりにドキドキしました…v
で、…ミレーユ…、あそこまで言っといて無意識・無自覚って何なんだ!!(笑)リヒャルトは今後、彼女の「天然さ」に相当苦労しそうですね…ご愁傷様ですw

posted by 聖火 at 22:52| Comment(0) | 感想記事全て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。