2009年02月05日

空色勾玉

<あらすじ>

輝の大御神の双子の御子と、闇の氏族とが烈しく争う戦乱の世に、闇の巫女姫と生まれながら、光を愛する少女狭也。輝の宮の神殿に縛められ、地底の女神の夢を見ていた、「剣の主」稚羽矢との出会いが、狭也を不思議な運命へと導く…神々が地上を歩いていた古代の日本を舞台に、絢爛豪華に織りあげられた、人気沸騰のファンタジー。(amazon.co.jpより)



私が中一の時に出会った、今では宝物の物語
…それが「勾玉三部作」なわけですが、
これがその宝物のはじまりです。
デビュー作とは思えない引力に引きずられ、見事に虜になってしまったのです・笑




さて、では本題に移りましょうか。
ここからは完全に私の萌え語りになりますが・笑

しょっぱなから言わせてもらいますと、
私はこの作品の人気投票をしてみたいんです。いつか。
というのも、この作品内で最も読者に愛されてる男性キャラが気になるのです。この作品ほど男性キャラが個性に富んでるものってない気がする…笑
稚羽矢は天然どころか大事なところがたくさん抜けてるし、
鳥彦は最初のころ、ものすごく生意気な子だし←
月代王は美しいけど、やっぱりなんか抜けてるし。
その分科戸王はまだましなんじゃないかと、私は思うのです(…羅列するのは可愛そうな気もしますが。…彼は狭也にとって「苦手な人」部類なんですよね…選択肢外ですか←ひど!)

私は、票を入れるとしたらやっぱり稚羽矢なのですが(すみません、やっぱり王道が好きなんです;)、一番男前なのは鳥彦だと思います(ごめんね、科戸くん!苦笑)。
なんだかんだ言って、狭也を支えてたのは彼なんですよね。彼がいなかったら、彼女は狭由良と同じ道を辿ってたと思うんです。
何度も何度も、彼女を支えている…稚羽矢にとっての彼女のように。
だから最初は、狭也は鳥彦とくっつくんだと思ったんです。
彼の身体が燃えてしまうまでは。稚羽矢と出会う前までは。
彼が鉄かごのなかで焼け死んでしまった、という話は、私も狭也と同じくらい動揺して、そして泣きそうになりました。
その時の稚羽矢のまぬけな問いに、狭也が怒りをぶつけるのも当然と思いました。…よく考えれば、その時稚羽矢はすでに、鳥彦がカラスになっていたのは知っていたわけだから、問いもあながちおかしくはないのかもしれない、と後で思ったのですが・笑

稚羽矢は好きです。やっぱりヒーローはいいですw
オイシイとこ全部持ってきましたからね、彼は。お決まりに。
目覚めてからの彼はもう、別人ですよね。
初めのころは本当に女の子みたいで、頼りなげで。狭也と、恋人というよりは親子みたいになってるなーと思ってたんですよ、私・笑
「狭也が、そういうのなら」って、正に彼は狭也が絶対的だったんですね。照日の元から離れたら、次は狭也が。
でも…多分、照日と違った狭也だからこそ、あの時彼は照日でなく狭也についたんですよね。
「豊葦原を守ってほしい」という狭也の願いに。
彼は順序を理由に述べているけど、でもあのときにもう彼は目覚めていたのではないかと、私は勝手に考えているんです。
…独断と偏見で・苦笑
彼の名台詞といったら、
「陽」としては
「言いたくなかったんだ」でしょうかw
恋人らしいふたりに、ついつい感動する私^^;
でも「陰」としては、
「狭也がいなければ、私は盲目の大蛇のままだ」。
彼が本音をぶちまけるあのシーン。私は何気にあの岩姫様と稚羽矢がすきです。彼にとっての「水の乙女」は、死んでからでさえ狭也なのですねv
それにしてもあのシーンと、最後に黄泉の国で響き渡る岩姫様の声で、彼女のなぞが増しました。
黄泉の国の一件まで知りえる彼女、何者なのでしょう…?
恥ずかしながら私には分かりかねるのです><。

「……冷たさも好きだ――清さのうちだ。憂いをみな眠らせるようだ」
照日王のこの台詞が、私のこの本での大好きな台詞です。
照日そのものは、私は実はあまり好きではなかったのですが(姉弟である月代とどういう関係なんだよっ!?と思ったわけです・苦笑)、この台詞で一気に好感度が上がったのを覚えています。
私もよく、そう思っていたのです。その気持ちを上手く言葉にできないでいたので、逆にびっくりしたくらいでした・笑
だからその後、彼女が散々悩んであの答えを出したとき、彼女を一丸に憎めませんでした←
主人公を…っていうのに共感するって言うのもおかしな話ですが;
照日は決して悪い人(神?)ではなかったことに、それまで気づけなかった私も馬鹿なものですが。

今では照日、といえば月代が出てきます。
やはりそういうものなんですね。月と太陽は対でなくちゃ。
互いを思っていなきゃいけないんですね。
輝の大御神と共に還っていったのを見て、そう思いました。…意外とすんなり・笑。
私は、月代がむしろ嫌いで、だからそれはいいとして←
照日が月代と、というのはなんだか謎でした^^;

もちろん私は、狭也には稚羽矢だと思います。
大抵のカップリングは正統派なんで(たまに例外もあったりしますが)笑
でもこの場合…逆かもしれない、とも思います。
つまり、だってやっぱり狭也自身の言うとおり、彼女をおいて他の誰も、彼に付き合ってやれるひとはいないですよw
稚羽矢も、“その後”には格好良く成長したのではないかと期待しているのですが…それでも、王家の業務はほとんど狭也がこなしていたにちがないですね。
希望としては、せめて恋心くらいは成長していてほしいですw
お願いだから、鳥彦にまた損な役回りが回ってこないようにしてね、稚羽矢王…苦笑


そんなわけで、私の「空勾」二次は、稚羽矢くんがどんな感じになるのか私にも分かりません・苦笑


空色勾玉ラジオドラマ(再)について(`09.2.22)

posted by 聖火 at 00:32| Comment(0) | 感想記事全て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。